こんなやり方は間違っている?プログラミングの勉強方法

皆さんこんにちは。皆さんはプログラミングの勉強方法についてどのようなイメージがあるでしょうか?

勉強と言えば、大半の人が受験勉強を思い浮かべると思いますが、プログラミングの勉強方法は少し普通の勉強方法とは異なります。そこで本日は、プログラミングの勉強方法として行われている間違った、アンチパターンな勉強方法について解説していこうと思います。

皆様のよいプログラミング学習に繋がる事を願って。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

全てを丸暗記しようとすること

丸暗記でプログラムのその全てを覚えようとする人は案外少なくありません。確かに勉強といえばまず暗記。プログラムでもこれは例外ではありませんが、実は頻繁に使われる機能(関数)はそこまで多くはありません。

確かに、技術に関する歴史的な発展に関する背景の知識や、基本構文など、覚えないとそもそも扱えない領域は当然あります。

しかしながら、大事なのは全部を丸暗記しようとしないこと。全ての関数や機能について、丸暗記している人はプロでもまず居ないでしょう。たまにノートに丸暗記するぐらいの気持ちで書き出している人がおりますが、おすすめは致しません。

むしろ、「このような機能があったな」という程度の記憶を、大量に頭の中に蓄積し、必要になったら、Googleなどで検索して知識を引き出すイメージで記憶しましょう。

コードを実行しない

書籍に書いてあるコードを、実際にPCに入力して実行せず、書籍を眺めるだけでできた気になっていませんか?

実際に入力してプログラムを自分のPC上で動かした上で、動作するか、しっかり見てみましょう。書籍やブログに書いてあるソースコードは、古いバージョンのものだったりと、実際に手元で動かす環境によってはエラーが発生する場合もあります。

エラーメッセージをみて、これを1つずつ解決していく経験は、実は非常に大事で、最も実力がついていく勉強法の1つとも言われています。その技術について、初心者である場合は、とにかくサンプルとなるソースコードを実際に打ち込んでみて、期待されたように動くかどうかを自分でチェックし、不具合があればこれを解決してみる、という経験を積み重ねて行きましょう。

コードを写経するだけ

よくあるチュートリアル系をそのままやりましたというパターンです。チュートリアルは、問題が発生しないようにできていますので、「このようなことができる」ということを知ることには非常に良いことですし、実際に使ってみて体験することが出来るということで、敷居は低いものになっていると思います。

しかし、トラブルが発生しない分、プログラムを学ぶ上で非常に重要な、環境構築やバージョンごとの差異といったよくあるトラブルに対する対処力が身につかないのも事実です。チュートリアルばかり行なって、いざ仕事に出た時に、出鼻を挫かれた!という体験をよく聞くのもこれが原因だと思います。

チュートリアル系は、その技術全体の事を理解することには非常に有益ですが、プログラミング力が付くか?と言ったら、必ずしもそうではない事を理解した上で、適切に教材を活用しましょう。

基礎的な知識の習得を飛ばす

流行りのフレームワークやライブラリから始めるパターンです。プログラミングの勉強を始めたばかりの人は、様々な情報を調べているのでしょうが、その中で筆者が感じるアンチパターンの1つが「求人に乗っているから流行りの技術をいきなり勉強する」です。

最新の技術も、その前の技術の積み重ねで動いています。つまり、「ただ最新の技術」を点で学んでも意味がないのです。当然その前後の技術を知った上で、線で活用してこそ、初めて最新技術が生きてきます。

しっかりと前後左右の技術を意識して学ぶようにしましょう。技術者として、他の技術者が見た時に、きれいなスキルセットになるようにキャリアを始めるべきです。勘違いしていただきたくないのが、きれいなスキルセットを付けるのが目的ではなく、技術のその先にある今後現れるであろう新技術に対し、しっかりと今までの蓄積をもって、対応していけるよう、初期のスキルセットを適切なロードマップで身につけるべきだと考えています。

 

いかがでしたでしょうか?

プログラミングの勉強に限らず、勉強方法は人それぞれあるとは思いますが、プロとしてIT業界で働いている身から感じた、間違っている勉強パターンでした。KAKELCODEでは、勉強のロードマップから勉強の仕方まで、サポートを行なっていますので、是非一度無料説明会で質問をぶつけてみてください。