無料で出来るプログラミングの独学方法

プログラミングを勉強し、IT企業を目指す人は少なくありませんが、プログラミングを勉強する際、皆さんはどのように行うでしょうか?

今でこそ、専門学校、大学、職業訓練校、民間のプログラミングスクール、勉強会、書籍、オンラインのサービス等、手段が沢山ありますが、筆者がプログラミングを始めた20年以上前は、勿論今ほど種類は多くはありませんでした。

しかしながら、インターネットの世界は常に開かれており、文字通り様々な情報にアクセスができ、当然その中にもプログラミングに関する情報も自由に閲覧することが出来ました。

そこで、今回は、無料で利用できる教材に絞って、ご紹介していこうと思います。(※実質有料にしなければ先に進めない、等のサービスは除いています)

図書館

意外と盲点なのが、図書館です。技術書についても揃えがある図書館もありますが、無い本があれば、申請すれば手に入れてくれる図書館もあります。KAKELCODEの受講生も、過去に図書館で借りた教材だけで勉強していた方もおり、無料で書籍を使って勉強する方法としては最有力候補として考えてもいいでしょう。

定期的に返却する必要がありますが、図書館で技術書は、ほぼ利用者が被ることは無いと思いますので、積極的な活用を検討してみてください。

Youtube

日本語版だとまだまだコンテンツが少ない感じもありますが、英語に抵抗感が無い方は、海外版の高いクォリティのコンテンツも参考になるかもしれません。動くイラスト等もあり、動画によっては日本語字幕もありますので、非常に分かりやすいです。

アルゴリズム

HTTP,HTTPS

GitとGithub

PHP

本当にごく一部を紹介してきましたが、少し検索すると、沢山チュートリアル形式や授業形式の動画が見つかります。関連動画でリンクを辿っていっても、分かりやすい動画が沢山見つかりますので、是非参考にしてみてください。

ウェブサービス

完全に無料で利用することが出来る学習系のサービスです。日本語のサイトではコンピューターやプログラミングに関する記事は少ないですが、こちらも動画が分かりやすいのでチェックしておきたいところです。

カーン・アカデミー(英語)

https://www.khanacademy.org/computing

カーン・アカデミーは、非営利で運営されておりますが、創始者、サルマン・カーンの「ビデオによる教育の再発明」で話している、動画授業によって目指したい教育の現場は非常に必見です。

有名企業による研修資料(スライド)

その他に、有名企業による新人研修に使用した勉強会用のスライドを公開しているものがあります。

本来はその会社の新卒にならなければ見ることができませんが、これだけの資料を無料公開して頂けるのはとても嬉しいですね。流石、研修に力を入れているだけあって、教えられている技術の内容がバランスよく、質の良い知識のベースができあがるのだと思いました。

リクルートテクノロジーズエンジニアコース新人研修資料

サイボウズ新人研修資料

 

いかがでしたでしょうか?

プログラムやインターネットの世界は「開かれていて」「自由」な世界なのだと思います。自ら様々な情報にアクセスして自由に閲覧することが出来る世界だと思います。有料のサービスやスクールもありますが、今回はインターネットの原点に戻って、プログラムの勉強を行うのに、無料でアクセス出来る情報について集めてみました。フリーでハイクォリティーなコンテンツも世の中に沢山ありますので、ここに載っている物以外でも「これはいい!」というものがありましたら、ぜひぜひ教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です